読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トランプショックで分かった。クラッシュも近い?日本の金融市場

くらし 行政 政治 プライマリーバランス 安倍 税金 日本再生 日本経済 国の借金

 昨日、米国大統領選のトランプ狂騒曲を受けて日本の株式市場は大きく乱高下しました。

 マーケットは前日から △919.84円(△-5.36%)の下落となりました。ここで注目したいのが、5.36%という変動率です。

(今日は+1092.88(+6.72%)の上昇でした。)

f:id:oumasan51:20161110171157j:plain

世界のマーケットの動き(変動率)をみると、

・上海総合(△0.62%) ・香港 ハンセン(△2.16%)

・フランクフルト DAX(+1.56%) ・ロンドン FTSE100(+1.00%) ・パリ CAC40(1.49%)

というように、マーケットが大統領選の開票中か開票後の違いによってプラスマイナスの差はありますが、1~2%の値動きであり、平常時と大差はありませんでした。

1

 それに比べて日本は5%以上の値動きをしました。この動き方は世界3位のマーケットの規模から考えても異常です。

 アベノミクス以降、日本のマーケットは何かイベントがあると、まるでジャンク市場のような荒い値動きをするようになりました。日本のマーケットはハゲタカのエサ場となっています。

1

 日銀頼みで、円安誘導による株価の上昇を図り、見せかけの景気回復を装ってきましたが、未だに規制緩和及び成長産業の創出は手つかずで実体経済の回復の兆しは見えません。

まるで、金融だけで膨らんだ張り子のトラです。

1

 このままでは国の借金は増えるばかりで、国民の根底にある不安感を拭い去ることはできません。消費の回復を期待することも困難です。それどころかクラッシュが近づいているような気さえします。

1

 日本でも、サイレントマジョリティーの行動が起こるかもしれませんね!

 

 ヒラリーの最後の言葉「正しいことのために戦うことは価値のあることなんです」

1

 私が正しいと思うマニュフェストはこちらです